織田昌典さん

織田さん

織田プロダクション 代表

ファイナンシャルプランナー

織田昌典さんの言葉

『人間だって、花や草と一緒。 地球の一部かもしれない。 だったら、自然に頭に浮かんできたことって地球の声かもしれないよね。』

私は、旅の前日の夜、織田さんに電話した。 その日の昼間の、中野社長との女子ランチ会を教えてくださったから、お礼を言いたかったからだ。

いや、ちがう。 お礼ならメールでよかったはず。 わたしは普段、織田さんと電話で話すことはほとんどない。

なんとなく電話したのだ。

そんな織田さんにお礼と、明日からの旅の話をした。悩みも打ち明けた。

『生きづらくて苦しい。』と。

そんな織田さんが言ったのが、花が咲いて散るように、人間は食事をして寝てを繰り返し過ごす。 実は、人間も地球の一部なんじゃないかな。 って考えると、ああしなきゃ。こうしなきゃ。って人間が考えるのって地球に逆らってる感じがしない? ただ、頭にほわーんと浮かんできたことが地球の声かもしれないよね。

ちょっと壮大な話に感じる方もいるだろうが、わたしにはすごく心を打った。

わたしが、織田さんに電話した'なんとなく'も、地球がそうさせているのかもしれない。

わたしは今回の旅を、というか、織田さんのこの話をきいてからずっと、考えることをやめた。

ただ感じること。 感じたことをやってみること。

するとすべてが上手くまわりだした。 絶妙なタイミングで最適なチャンスが巡るようになった。

旅前日に織田さんに電話したのは運命だったのかも。

運命は感じたままに動くとやってくる。

ちなみに、こんな壮大なロマンチックな話をしてくださった織田さんは、ファイナンシャルプランナーという固めな仕事をされている。

織田プロダクションというFPや弁護士さん、税理士さんといったスペシャリストがそれぞれ得意分野をもって集まったチームなのだ。

チームっていいな。 仲間っていいな。

そのチームをまとめあげる織田さんは、地球の声の話をしちゃうくらい、いい意味でファイナンシャルプランナーっぽくない。

とか、言ったら変だな。本当の意味で、ファイナンシャルプランナーさんなのだと思う。 お金は人生と関わってるから、織田さんはわたしの人生のプランニングをしてくれたのかもしれない。

なんて感じながら電話を切った。 明日からの毎日がワクワクした。

織田さん、わたし地球の声に正直に生きます。

コンタクト

ぜひご連絡ください!